スコットランドの女王・フランスの皇太后

刺繍が単に人や家を飾るための物だけではなく、時には深い意味を持つという研究から、スコットランドの悲劇の女王・メアリー・スチュアートの刺繍


メアリー・スチュアート
ニードルポイント・ポートレート

copyright(c) 2000 Chieko Hoshiai


メアリーが恋人の公爵にエリザベス1世の
暗殺の依頼を示唆して贈った刺繍の再現


16世紀、 メアリーはスコットランド・フランス・イングランド(イギリス)と三国の王権を持ち、その争いからイングランドの女王エリザベス1世に19年間幽閉されます。
その後45才で処刑されるまでに多くの刺繍を残しています。


イニシャル(メアリー・スチュアートのm.s.)
のボーダーと小さな花々

エリザベス1世を猫、自分をねずみに擬した刺繍
copyright(c) 2000 Chieko Hoshiai



「物語るステッチ『刺繍にみる英国史』」(文化出版局)に詳しく載っています



Nirenokai.com