世界各地を歩いてその地の印象を刺繍に、人々の生活や民族刺繍もご紹介します。

China Map
Star中国・北京の印象

明、清朝500年の栄枯盛衰を秘めた紫禁城。
そのたたずまいの中には、ニードルポイントの作品にしたいシーンがいくつかありました。


紫禁城

一番心に残ったのは紫がかった朱色の壁でした。
壁と濃淡になっている門を、書類入れに
書類入れ
書類入れ
制作:立山 浩子


壁や門に使われている花模様を、
セカンドバッグに
セカンドバッグ
セカンドバッグ
制作:松崎 澪子
copyright(c) 2000 Chieko Hoshiai
らぶりーなう」掲載作品


清朝時代に、絹糸で刺されたニードルポイント。
北京の街、琉璃廠(リュー・リー・チャン)で手に入れた作品
嫦娥月に走る
嫦娥(ジョウガ)月に走る
八仙人の物語
写真撮影:星合千重子

  イギリス・プルバラ>>


Nirenokai.com